SE主婦の節約徹底研究

レベルを落とさず、無駄な費用だけ節約!

子供は無料で休みにオススメNHKスタジオパーク

      2016/04/14

子供が無料で楽しめるイベントは都内にたくさんあります。その中の一つ、NHK内にあるスタジオパーク。テレビではその番組を見たことがあるものの実際にスタジオには行ったことがなかったので今回行ってみたので、そのレポートをまとめました。

『STUDIO PARK スタジオパークとは何? 』

スクリーンショット 2016-04-07 17.05.27

スタジオパークとはNHK内にあるNHKを楽しむテーマパークです。そして渋谷のNHKの敷地内にあります。私が小さかった頃もNHK施設を見学できたのですが、その時とは全く内容も変わっていたので、面白いのかそうでないのか全くわからなかず、探検に行く感じで楽しみにしていきました。

『スタジオパークの行き方は?』

スタジオパークは渋谷にありとてもいい立地にあるのですが、どこの駅からも結構歩きます。

代々木八幡(12分)、原宿(15分)、明治神宮前(17分+改札まで5分)、渋谷(13分+改札まで5分)、神泉(13分)、代々木公園(10分)代々木八幡(11分)のつの駅どこからでも同じくらいの距離にあります。一番近いのは代々木公園駅のようですね。

我々は副都心線の明治神宮前から行ったのですが、途中横に原宿駅を通り過ぎて行き15分くらい歩きました。副都心線は改札までたどり着くのに時間がかかるので、電車が着いたところからかなり歩きました。

実は渋谷駅に行けばシャトルバスが出ているのですが、時間がネット上になかったのでいつ来るかわからないシャトルバスを待つよりはと思い、行きは歩きました。

帰りはシャトルバスを利用しましたが大人210円、子供110円でした。

すぐに発車したとしても駅に着くまでに時間がかかることと、降りる場所は渋谷のマークシティー近くですが、結局そこから副都心線の場合は、またかなりの距離を歩くので遠いと感じてしまいました。帰りのバスの時刻表は係の人に言うと見せてくれます。

※端が切れてしまいました。
jikoku

 

『NHKスタジオパーク入場の仕方』

さて、このスタジオパークの入場料ですが、子供が無料で大人は200円でした。子供は無料ですが入り口の券売機でチケットを(無料のボタンを押す)手に入れます。こちらの券は入場から退場まで無くさないようにしてくださいとのことでした。

ですが、館内でこのチケットを見せることは一度もなかったです。

『NHKのスタジオパークに行ったらどこから回る? 』

さて、午後から入場したので、時間もそんなに無いと思い効率よく回ろうと思いました。

入るとすぐにかかりの方が立っていて地図をくれました。案内は、そこに1から順に回っていくと効率良く回れるようになっています。と說明してくれましたが、「混むところはありますか?」と聞くと、「体験コーナーは混むかもしれません。」との返事でしたので、直接体験コーナーに行くことにしました。順番にまわらなくても、飛ばして回っても大丈夫でした。

『体験コーナーに着いたらまず何をすればいい? 』

体験コーナーに着いたら最初にインフォメーションに行きましょう。そこで2つの体験コーナーの予約をとることが出来ます。間違えないで欲しいのがそのブースではなく、インフォメーションで予約が取れるということです。とはいっても予約が取れるのが、「スタジオパークNEWS」というニュースキャスター体験できるコーナーと「クリエイティブラボ」という、とった画像を編集する作業を体験できるコーナーの2つだけになります。そしてその2つの体験コーナーの間くらいにインフォメーションがあるのですぐに分かります。

アニメファクトリーのアフレコ体験も整理券が必要ですが、そちらはインフォメーションではなく、コーナーの入口に銀行の順番待ちと同じような機会があり、それで番号を発券してくれます。

『スタジオパークおすすめ1位〜ニュースキャスター体験コーナー』

どんな感じかな? と大して期待をしないで行ったのですが、本気の体験コーナーでした。断然こちらはおすすめです。このためだけにスタジオパークに行ってもいいくらいの価値があります。

まず、インフォメーションで予約が取れたら部屋にはいると椅子があって観客席のようになっています。普段は体験ですが、本番スタジオのバックアップとしても機能していると言われているこちらのセットは、全部本番環境と全く同じ機材が使われていて本格的になっていました。
スクリーンショット 2016-04-07 15.45.50
4人1組になって体験ができます。ちょうど我々は平日だったので空いていて次の人が終わったらすぐに入れました。

ちなみに前の人たちは韓国人で、日本語以外も対応しているようです。

メインキャスター、レポーター、お天気キャスター2人に役割分担します。ディレクターらしき女性の方が、4人に説明をしてくれます。そして、役割分担を決めます。メインキャスターから決めるのですが、4人共立候補したためじゃんけんで決めました。

4人それぞれキャスターとして体験ができます。メインキャスターはこんな感じです。(牛の画像に入れ替えましたが…)
スクリーンショット 2016-04-07 16.11.19

メインキャスター、レポーター、お天気キャスター2人の4人でそれぞれにセリフがあります。それぞれしっかりしたセリフなので、それぞれ面白そうです。

ですがやっぱり一番面白いのはメインキャスターかなと思いました。一番セリフが多いのと何回か出番が回ってきます。そして、カウントダウンの一発目からセリフを言うので、本物のキャスターみたいでかっこいいです。

他の3つはそれぞれ台詞があり、変わらないので待ち時間で前の人がやっているものを見てどれがやりたいか決めておくのがいいでしょう。

役割分担が決まると、次にリハーサルのようなものを行います。それぞれに原稿を手渡してそれを読みます。お天気キャスターは画面に映し出された文字を読んでいきます。
また、係りの人は天気コーナーの2人に対して1人、メインとレポーターに対して1人と合計2人着きました。向かって右側がメインキャスターとリポーターの席、左のブルーのところはお天気キャスターの場所です。
そして隣のボックスの中では画面を切り替える人がいます。

少し離れたところから見ているので、どういうように説明しているかはわからなかったのですが、本番がすごくビシッと決まり、すごい!と感動する出来でした。きっと説明する人が上手なのでしょう。

流れとしてフロアーディレクターが最初にカウントダウンしてから、メインキャスターが話し始めるのですが、原稿を正面のモニターに映し出して上にセットされたカメラがその現行を写しています。

最初に色々説明してくれた、2人のうちの一人はカメラマンだったようで本番始まるとカメラを撮影し始めました。

画面切り替えはボックス内の人がやってくれていますが、これも素晴らしい切り替えで、さながらまるで本当にニュースキャスターになったような体験ができます。

体験している子ども自身をビデオに撮るのではなく、モニターに映ったのをビデオ撮影するととても面白いものを後で見ることができるので、おすすめです。

『スタジオパークおすすめ2位〜音声』

以外にも子供がハマったのがこのアフレコスタジオ。平日ということも有りあまり人がいなかったため、人が来るまでずっと使用することが出来ます。人が来たら、次の区切りで交換して、再び整理券をもらって待ちます。このセットは3つ有り、2人でセリフを言い合い録音してくれるというものです。
なぜ今回子どもたちがハマったかというと、おばあさん役の声の真似がとても上手で、それの女の子役の別の子が合わせて、かなりの出来でした。とった音声は画像とともにもう一度流してくれるので、自分が本当の声優になった感じです。

そして、セリフもうまく言えるとセリフの横に緑の丸が付き、ちょっと遅れたり言い切れないと3角が付きます。
スクリーンショット 2016-04-07 15.46.48
そして、一番最後は総合評価Aが付きます。(相当失敗しないかぎりAでした。一度だけBを見ましたが‥。)

『スタジオパークおすすめ3位〜クリエイティブラボ』

こちらも予約が必要が必要で、受付をすると時間表をくれるので、その時間に部屋の前に待ち合わせです。スタートから5分過ぎてしまうとキャンセルになってしまうとのこと。

スクリーンショット 2016-04-07 17.19.39
こちらは30分位の体験で全部で6台ありますが、1台はこわれているのか使えなかったので、実質5台で行いました。椅子が2つずつなので、一つの画面を2人で操作することもできるし、1人で使ってもいいようです。こちらも予約の時にパソコン何台使うか訪ねられました

実はこちら、スタジオに行かなくてもオンラインで体験ができます。

こちらのサイトを参照

『スタジオパークおすすめ4位〜昆虫や恐竜を撮影するセット』

「ネイチャーカメラマン」という昆虫や恐竜を撮影するセットです。今までは全部2階にあったものですが、こちらは3回の一番奥の場所です。

カメラを恐竜流の模型のまわりをくるくる回してその映像を見たり、モニターの前に立つと自分の姿がモニターに映り、雨のシーンになって雨の中にいる映像が映ります。

そして、子どもたちがハマったのが、こちら。顔を移すと、自分がどの動物に似ているか判定してくれるというもの。判定してくれる動物はパンフレットに動物たちです。

赤い丸のところに立つと勝手に判別してくれます。
スクリーンショット 2016-04-07 15.47.10

『おすすめ番外編〜大人』

年代別の映像が見られるコーナーが有り、その昔の映像が大人には懐かしく面白かったです。1960年代から現在までの子供番組なので、「これがママたちの時のだ〜。」なんて言いながら子供に自慢しました。

『子供は無料で休みにオススメNHKスタジオパーク終わりに』

上記に上げた以外にも細かいコーナーは会ったのですが、面白いのは個人的には上記5箇所かなと思いました。そして、当初思っていた以上に楽しめたのでよかったです。交通の便がもう少し良いといいかなと思いましたが..。

シャトルバスが渋谷行でしたが、原宿駅であればすぐに電車に乗れるので楽なのでは? と思いました。

また、もし友達同士で行く場合には、ニュースキャスター体験が4人1組だったので4人で行くことをおすすめします。そうすると効率よく回れそうです。

みなさんも是非スタジオパークに行ってみてください。

 - 休日・外出 , , , , , , , , ,