SE主婦の節約徹底研究

レベルを落とさず、無駄な費用だけ節約!

環境に優しい電力会社を選びたい

      2016/05/25

環境に優しい電力会社でかつ安い電力会社を選びたい。
でもそのためにはどの発電方法が一番環境に優しいか知らないと選べないですね。

ということで、今回は環境に優しい発電方法順に並べていきたいと思います。

【発電方法は何があるの?】

発電方法は大きく分けて6つあります。

1,火力発電

2、原子力発電

3,風力発電

4、水力発電

5,地熱発電

6,太陽光発電

【この中で一番環境に優しいのはどの発電方法でしょうか?】

この中で一番発電するのに地球に優しいのはどれでしょうか?

それは太陽光発電になります。

というのもそもそも自然の太陽の光を利用しているので、全く発電自体していないのです。

ですので発電する時に出る、温室効果ガス(二酸化炭素)を発生させないので地球にも優しいんです。

あとはその電気を貯めておけばいいのですからね。

自然の力を利用した発電方法が一番自然に優しい発電方法になります。

次に環境位優しいのは、それは、風力発電になります。

実は、温室効果ガスを全く出さないのが、風力発電と水力発電と2つあります。。地熱発電は少しですが温室効果ガスを排出するのですね。

では、風力発電と水力発電両方とも地球に優しいのは一緒ではないか?と思いますが、水力発電はダムを作らないといけないのです。
ダムを作るには今ある自然を壊して作らなければいけないので、風力発電の方が地球に優しいということです。

一方風力発電は島国の日本では海岸に設置することができます。ずいぶん前に風車のノイズで周辺の住民が頭痛に悩まされたという問題がありましたが、それも今では、解決済みになります。

そして、その次に位置するのが水力発電です。今あるダムを利用して作られる電力会社は地球に優しいですね。

4番目は地熱発電になります。少し温室効果ガスを発生させますが、地震大国日本は、火山の国で、地熱がいっぱいあるのです。それを利用しない手はないですね。

5番目は火力発電です。燃やしてエネルギーを作るので、温室効果ガス(2酸化炭素)を排出します。
ですが、最近では発電効率のいい発電機が誕生してきています。事故が起こった時も、広範囲での被害が出ないですし、すでに火力発電施設がたくさんあるので、現実的な電力会社だといえます。

《参考サイト》 蓄電池.com

【電力発電所で環境に優しい順に並べるとこちら】

1,太陽光発電
2,風力発電
3,水力発電
4,地熱発電
5,火力発電
6,原子力発電

という順になります。

【電力会社を選ぶ基準は?】

今回あげた通り電力会社を選ぶ場合は太陽光発電の取り扱いが多い電力会社を選ぶのが一番環境に優しいことになりますね。
ただし、水力発電はすでにあるダムを利用する分にはコストが安く、環境に優しいですし、風力発電も環境に優しいので、風力発電所が増えていくのはいいことです。

ですが、現実問題として、今現在日本のほとんどが火力発電に頼っているので、実際に太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電の電力会社を選んだとしても、そこではまかなえきれないので、実際には融通してもらった火力発電を使用しているなんてことになるのではないでしょうか。

では、今回それぞれの発電方法を調べてきましたが、それぞれどの電力会社が、どの発電方法を使用しているか調べてみることにします。

 - 光熱費