SE主婦の節約徹底研究

レベルを落とさず、無駄な費用だけ節約!

携帯電話代金を安くするMVNOサービス

   

通信回線費は家計のかなりの割合を占めていないでしょうか? 実はこの通信費用も電気料金と同じように安くすることが可能なんです。

その方法はいくつかあって、現在契約している通信費の中でオプションサービスなど結構無駄なものがあるのことが多いのでそのオプションサービスをはずす、ということができます。ですが、それだとそれほど費用は安くならないのですね。

では、どうしたらいいのでしょうか? 実は最近メジャーになってきているのが、MVNOというもの。このMVNOというのは、大手キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)以外のSIMカードを提供してくれる会社のことを指しています。そして、別名格安SIMとも呼ばれています。

このMVNOを利用して、契約している現在の大手キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)から切り替えるという方法があります。今回は安全に安くMVNOに切り替える方法をご紹介します。

『そもそもSIIMって何? 』

SIMというのは、モバイル環境で端末を接続するときに必要なものとなります。みなさんも携帯を購入した時に小さい四角いSIMを携帯に指しているはずです。それによって、その端末から電話をしたり、インターネットに接続したりしているのです。

大体の方は大手3社のドコモかAUかソフトバンクのSIMを使用していると思いますが、これが、MVNO業者からも購入できるのです。

『MVNO/格安SIMって安定して繋がるの? 』

格安SIMと聞くとなんとなく繋がりにくかったり、使用するにあたり制限があったりするイメージが有ります。実際に切り替えて電話やネットワークが繋がらなくなるのでは? という不安をお持ちの方も多いのではないのでしょうか?
でも、実際は安定している所とそうでないところがあるのです。また別名格安SIMと言われていますが、選び方に寄っては高く付くことも有りますので、気をつけて選んでいきましょう。

『MVNO/格安SIMってそもそも何? 』

通常の大手3キャリアは自分でモバイル環境とその接続するための必要なことをすべて1社で行っています。
ですが、このMVNOの仕組みは、まず、MVNEと呼ばれるライセンスを持った業者が大手3キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)に対してお金を出して、モバイルキャリアするための一式(ネットワーク)を借ります。
そして、そのMVNEが、接続できる環境を整えてくれ、そしてそれをMVNOの業者が借りて一般向けに販売するという仕組みです。

最近はMVNOが増えていてたくさんの企業が参入してきています。

『MVNO/格安SIMどこの会社を選べばいい? 』<h/3>

さて、MVNO会社はどうやって選べばいいのでしょうか? それは先ほどお話したMVNEがカギを握っています。

MVNEを行っている会社はMVNOをやっていますが、MVNO会社がすべてMVNEをやっているわけではありません。

MVNE会社は主に
IIJ、OCN、freetel、B-mobile(日本通信)があります。
殆どのMVNO会社はMVNEをやっていないため、そのMVNE会社からお金を払って借りるわけですが、このMVNEによって速度が早く安定しているかどうかというのが決まるのです。

そして、IIJ、OCN、この2社が企業体質が強く、設備のお金をかけているので、安定しているのです。
ということは、MVNO会社を選ぶ場合は、IIJ系列かOCN系列のMVNOを選べばいいのですね。

ただし、MVNO会社を選ぶにしても、最後の中継基地はそのMVNO会社が用意するため、その機材が良くなければ遅くなってしまいます。

こういったことを踏まえて、考えると、IIJ系列のMVNO会社、OCN系列のMVNO会社、の2つに絞られます。

よく比較サイトで接続スピードが出ていますが、それは理論値で、実測値ではないため、表示されているほどのパフォーマンスが得られないことが殆どになります。このMVNOは、理論値は全くあてにならないと考えて良いので、基本のベースがどの会社化によって選ぶことが大切になります。

『初心者には具体的にどのサービスが一番適切? 』

実は上記の条件に当てはまるのが、IIJ直接のMVNO会社、OCN直接のMVNO会社、そして、イオン会社のIIJの3つがあげられます。

これは、それぞれの使用する人の条件によって選ぶ会社が変わってきますが、一番のおすすめは

イオンのIIJ

です。

というのも、みなさん自分でSIMをセットして設定できるでしょうか? 直接の場合、契約をするとSIMカードが送られてきて自分で設定しなければいけなくなります。またヨドバシカメラやヤマダ電機やビックカメラなどが販売代理店となっていてそこで契約することもできるが、サポートは手厚くない。設定してくれない場合もあるので注意しましょう。
ところが、イオンクループの店舗はかなりの数があり、ほぼ全店舗で対応してくれる。さらに加えてIIJが基盤となっていますので、回線スピードも高いのです。

『携帯電話代金を安くするMVNOサービス〜終わりに』

今はキャリアのメールアドレスにとらわれなくてもフリーメールもあるので、キャリアメールにこだわル必要は薄れてきている。電話の通話方式も日々変わってきているので、IP電話通話でも問題なく通話できるようになりました。

ただ、仕事で使うときや、相手側がLINEやスカイプのアプリが入っていないと通常の携帯番号からの通話になるので費用がかかってしまいます。

ただし、通常の電話ではなくIP電話ですべて網羅できるのであるが、少し高度になるので、初心者には少し難しいかもしれないです。
それはまた別の機会にレポートしたいと思います。

 - 通信費