SE主婦の節約徹底研究

レベルを落とさず、無駄な費用だけ節約!

プレゼントのお返しに入浴剤を作りました

      2018/02/28

上の子がバレンタインデーにチョコレートをもらったのでそのお返しを作ることにしました。

習い事の女の子から沢山もらったので、沢山(30個)お返しすることになりますが、全員分買うと金額的に大変です。500円×30=15000円

なので、手作りにしました。今回は食べ物ではなく入浴剤です。

『入浴剤を作るための材料準備』

準備するもの

 

スクリーンショット 2016-03-18 13.59.20

我が家が購入して揃えたのはこちらです。

[入浴剤40個分]

1. 重曹 480g
2. クエン酸 240g
3. 片栗粉 240g
4. ラッピングに必要なもの

そして、上記の材料に追加して、

5. 手袋
6. 計り
7. 水
8. 食紅
9. ハーブなどの葉っぱ

を用意しました。

実は一番分かりずらかったのがこちらの重曹です。

というのも重曹には色々種類があって、どれでいいかわからなかったからです。

スーパーで買ったのですが、最初に掃除用の重曹で大丈夫か確認したところ薬剤師の人に聞いてくれて、そして選んでくれたのがこちらの重曹でした。

口に入れるものではないからどれでも大丈夫なのかな?とも思いましたが、お風呂に入れるものなのでやっぱりお掃除専用は駄目なのかな?と思いました

薬剤師の方に確認済みでOKをもらったこちらの重曹はお料理に入れてもOKになっていました。

重曹はなんと240g入って100均でも売ってました。ネットだとこちら

紀陽除虫菊 重曹物語 800g

重曹物語 800g

今回使用したクエン酸はこちら。近所のスーパではこの倍の値段でしたので、ネットで買ったほうがお得でした。

材料はこちら。

重曹2に対して、片栗粉1、クエン酸1でした。今回は重曹480gにしたので、クエン酸と片栗粉はそれぞれ240gにしました。
スクリーンショット 2016-03-18 13.55.39

『入浴剤の作り方』

作り方は重曹とクエン酸と片栗粉を全部一度に入れて混ぜ合わせます。ここでしっかり混ぜましょう。

全部材料が白く、混ざっているかどうかわかりにくいのでクルクル何度も混ぜました。
まざったら水を入れていきます。

スクリーンショット 2016-03-18 13.55.52さてこの水ですが、少しずつ入れましょう!!

というのも、入れるときに泡が立ったら化学反応が始まってしまうのでいけないのですが、。

あららあわたってしまいました。

これはもしやお風呂に入れた時に泡立たないのでは? と心配しましたが、その後出来上がり実験したら泡立ちました。(泡立ち方は弱かったのでもしかしたら上手に水を入れればもっといっぱい泡立ったのでは?と思いました)

失敗その1 結構水をゆっくり入れたつもりでしたが、泡立ってしまいました。かなりゆっくり入れたほうが良かったようです。また水の量も全体的にちょっと湿ってきたなッて感じでやめます。目安として、ギュッと握った時に手の形がつくくらいです。

スクリーンショット 2016-03-18 13.56.00

またクエン酸は「酸」なので、直に触ると荒れてしまいます。ですので手袋もあったほうがいいでしょう。

さて、ただ白いのでは面白く無いので食紅があれば、入れると綺麗な入浴剤が出来ます。
このように混ぜて綺麗なピンクになりました。

スクリーンショット 2016-03-18 13.56.28失敗その2 すでに水がちょうどいいように入れてあったものに更に液体の食紅を入れた所、混ぜて少し立ってみるとフワフワなんだか膨らんできていました。え?と思ったのですが、どうやら食紅を追加した分水分が多すぎたみたいです。粉の食紅を使うか、粉の状態から食紅を追加していくかにした方がいいです。

一番難しかったのが型を作ること。

サランラップの中に入れてクルッと巻いてリボンで止めてもよかったのですが、ちょっと頑張って型にこだわりました。

最初はハート形や星形などクッキーを作るための形を使ったのですが、形から取るときに割れてしまい、うまくいかない作品が半分くらい出来てしまいました。

ということで、探してきたのがこのスプーン。じつはこれカレーのルーを入れるためについてきた計量スプーンで家にいっぱいあったんです。

スクリーンショット 2016-03-18 13.56.201, まずひとつのスプーンに山盛りのせます。そしてもう一つのスプーンで上からギュッと押してそっと外すと、なんと綺麗な円ができました。

それぞれのスプーンに入れてお互いに合わせると真ん中で分かれてくっつきません。一つのスプーンに山盛りのせてもう1つのスプーンで押すのがポイントです。

こんな感じ
スクリーンショット 2016-03-18 13.55.24

スプーンの上にピンクで染めたものをハートの形においてその上から白色をかぶせると写真右みたいにハート型(?)の模様ができました。

型を抜いてすぐに触るとボロボロと壊れてしまいます。ですので、1時間位乾かすとなんとなく固まった入浴剤の出来上がりです。結構ポロポロ崩れてくるので、そっと袋に入れました。

『入浴剤を作りました〜最後に』

ホワイトデーのお返しはお菓子と定番でしたが、今回お菓子以外のものにチャレンジしてみました。

なかなかいいアイディアだったかなと思いました。ただ、見た目が美味しそうな砂糖菓子みたいだったので、メモに「にゅうよくざいです。食べられません。」と大きく書きました。

また、ひとつだと寂しいので2つで1セットにしたら数が足りませんでした。もう一袋重曹を追加で購入してokでした

さて、弟も一緒に手伝って作ったのですが、「僕もあげたい」といって一生懸命袋詰して何やらメッセージを書いていました。仲の良い男の子の友だちに渡したのですが、トテモ喜んでくれたみたいで、次の日にお返しにもらった折り紙を大事そうに持っていました。

一度やるとコツがつかめ、思ったよりも簡単でした。

この手作り入浴剤は、ホワイトデーのお返し以外にもちょっとしたプレゼントのお返しに最適です。是非チャレンジしてみてください。

 - 手作り