SE主婦の節約徹底研究

レベルを落とさず、無駄な費用だけ節約!

x-serverでドメインが切れたサイトが[internal server error]になった

   

先日うっかりして、ドメイン更新を忘れてしまい、ドメイン切れを起こしてしまいました。
急いで入金したら元に戻るかなと思ったのですが、internal server error と表示されてしまい復活しませんでした。

そこで今回、同じことが起こった時のメモとして解決までの手順を記録しておこうと思います。

サーバー環境は? 何が原因?

最初に使用環境です。

ドメインは [VALU DOMAIN]を使用
レンタルサーバー環境は [x-server]

ドメイン切れを起こしていたのですが、それに気がついた時にはすでに[internal server error]でした。

ドメインを復活したら元に戻るだろうと思い元に戻したのですが、戻らなかったので、反映までに時間がかかるのかと思い数日放置しましたがつながりませんでした。

internal server error と 解決方法とは

internal server error とはCGI設定ファイルのエラーということで、CGIと言われても何かピンとこない方はプログラムを動かすための物と考えてください。
その設定がおかしいと言われても、ドメインが切れただけで特に設定等の変更を行ったわけではないので、繋がらない理由がわかりませんでした。

internal server error の原因として考えられるのが、.htaccessの設定が違う、cgiスクリプトの記述がおかしいなどが挙げられます。
ということで最初に、FTPを使ってx-serverにつなげてみました。
そこで、.htaccessの設定を確認したところ、ファイルが変更された様子がありました。
そこで、一旦.htaccessをリネームしてあげてサイトに繋げたところつながりました。

ということで、結果.htaccessが問題ということがわかりましたので、前にバックアップを取っていたファイルに戻して再度接続テストをしたところ繋がったので解決としました。

internal server error で困ったら

.htaccessは接続するための細かい設定を行えるところです。このファイルがなくても接続することはできるので、今回は切り分けのために一旦名前を変えて起動テストをしました。

ただ、このファイルには接続するパソコンなどの制限などが入っているので、設置をしないのはセキュリティーの問題が発生してしまいます。
もともとバックアップを取ったワイルがあれば、それを利用すればいいのですが、ない場合にはしっかりバックアップを取ったとに、1つづつ記述を消したりしてその部分の記述がおかしいのか突き止めるといいです。

x-serverでドメインが切れたサイトが[internal server error]になった場合、終わりに

ドメインが切れただけではドメイン自体が復活すれば元に戻るはずなのになぜか同じタイミングで.htaccessファイルが書き換えられていました。

x-serverでドメイン切れてしまった後に internal server error で繋がらない場合は上記を試してみてください

 - IT関連費